結合能を有さない表面

タンパク質のウェルへの結合を阻害する表面
ウェル表面に生じる反応によって誘導される、分子(例えば酵素)作用の変化を防ぐ必要のある表面処理に取り組んでいます。