タンパク質でコーティングした表面

プロテインGは細菌の細胞内タンパク質であり、G群連鎖球菌から分離されます。黄色ブドウ球菌のプロテインAと同様、プロテインGはほとんどの哺乳動物のIgGの、主にそのFc領域に高親和性(約Ka=10 8 M-1)に結合します。
プロテインGでコーティングした表面はヒト、マウス、ウマ、イヌ、ネコ、ブタ、ウサギ、ヤギ、ヒツジ、ラット、ウシなど多くの哺乳動物の免疫グロブリンG(IgG)に結合させるための強力かつ万能なツールとなります。
プロテインAに強く結合しない哺乳動物のモノクローナルIgGとポリクローナルIgGの精製および同定に、このようなプロテインGの独特な免疫グロブリン結合特性を利用できる可能性があります。プロテインGは哺乳動物のIgG分子に対してプロテインAよりも高親和性を示すことが報告されていますが、イヌやモルモットなどの一部の種ではプロテインGよりもプロテインAにおいて高親和性を示します。
プロテインGはヒト(IgG3)およびラット(IgG2a)のいくつかの免疫グロブリンに結合する際、非常に高い親和性を示します。
ポリスチレンの光学的特性が変わらないため、改質した表面を有力な診断分析用ツールとして使用することが可能です。

応用例

特に、IgGのFc部分の選択的結合によって、タンパク質が特定抗原との相互作用のためにF(ab)2部分の立体構造を手付かずのまま保存する、以下のような応用に対して有用です。

  • 特異的かつ立体的に配列したIgG結合
  • IgGと他の免疫グロブリンとの分離
  • 各抗原抗体複合体の分離
  • IgGと不純物との分離