コンカナバリンAでコーティングした表面

レクチンファミリーに属するコンカナバリンAは一般的なタチナタマメ(Canavaliaensiformis)由来のヘマグルチニンです。特有の糖質構造をもつ複合糖質および糖タンパク質を分離するためにレクチンが幅広く用いられることはよく知られています。
コンカナバリンAはα-D-マンノピラノシル、α-D-グルコピラノシルおよび関連立体構造を含む分子に特異的な親和性を示します。
コンカナバリンAでコーティングした表面は糖タンパク質、酵素および細胞膜の糖質画分に特定の方法で結合させるための強力かつ高感度なツールとなります。
ポリスチレンの光学的特性が変わらないため、改質した表面を有力な診断分析用ツールとして使用することが可能です。

応用例

コンカナバリンAでコーティングした表面

  • 糖タンパク質、糖ペプチドおよび酵素抗体複合体との相互作用
  • 多糖類および糖脂質
  • 細胞膜、ホルモンおよびホルモン受容体との相互作用