カルモジュリンでコーティングした表面

ビオマットは物理吸着したカルモジュリンタンパク質を用いてポリスチレン表面を開発しました。カルモジュリンCa2+結合タンパク質は主に表面の疎水性部位と結合することができます。
ポリスチレンの光学的特徴は変わらないため、改質した表面を、生物学的試験を行うための有効なツールとして活用することが可能です。

本表面は以下のような応用に有用です。
カルモジュリンでコーティングした表面

  • グリコーゲン代謝に関与するタンパク質との相互作用
  • 神経伝達機構に関与する因子との相互作用
  • NAD*/NADP*のリン酸化システムに関与する酵素との相互作用